お正月とおせち料理

お正月には色々な風習があります。

まず元日に「年神様」をお迎えします。

年神様とは、先祖の霊で、それが田の神や山の神などの神様となって、お正月に高い山から下りてきて、家族に新年の幸せをもたらし、子孫の繁栄を見守ります。

それで地上に生きている家族は、年神様からたくさんの幸せを授かるために、年神様をお祝いする行事や風習を行います。

その一つに、おせち料理があります。

おせち料理は、年神様へのお供えの料理で、縁起のよい料理を重箱に詰めます。

子孫繁栄を願い、また五穀豊穣を祈り、そして家族の安全と健康などの願いを込めて、色々な野菜、海の幸、山の幸を使いご馳走を作るというわけです。

またおせち料理を食べる時は、「祝箸」でいただきます。

これは柳で出来たもので、この箸を使うと厄払いができると言われています。

両方の先端が細いですが、これには一方を年神様に、もう一方を人が使い、食事を共にするという意味があるようです。

またお正月の別の風習に、「お屠蘇」があります。

これは中国から伝わった漢方薬をお酒に浸し作る薬酒です。

このお酒には、邪気を屠り、魂をよみがえらせるという意味があるようです。

それで若い人から順番にまわし飲みしますが、これには若い人の生気を年長者に渡すという意味につながるようです。

さらに「お雑煮」を食べる習慣もあります。

これはまず年神様にお餅をお供えして、そのご利益を頂戴するために作る料理です。

関西では白みそ仕立てで、丸餅、関東ではしょうゆ仕立てで切り餅が一般的となっています。

このように、地方によって様々な特色があるようです。

http://www.goldcoastairporthotels.com/」では各地のおせちを紹介していて、おもしろいですよ!